第2回・平成23年5月29日


● 当日のレポートをまとめました。ご覧ください。


 今回の一坪書店の場所は、こちら湧太郎の軒下。

 小雨がぱらつく曇り空の下、10組の出店者が店を構えました。









 軒の中からのぞくと、こんな感じ。

 通行人が、驚いた様子で通っていきます。車のドライバー達もビックリの表情。








 10店中4店は、前回に引き続いての参加。

 こちらは、風道書林さん。時代小説中心のラインナップ。







 ホールの中では、わくわくおはなし夢風船の皆さんによる朗読会が行われました。

 大型絵本を朗読中の様子。










 同じく、ホールの中で行われた慈善市の様子。

 東北地方の出版社11社が無償提供して下さった300冊が並びました。

 今回の売上は16,300円。今後のトークイベント開催に役立てます。どうもありがとうございました。




 今回の販売金額ナンバー1は、東京より参加のドンベーブックスさん。

 翌日の秋田魁新報に、談話が掲載されていました。「本を通して、地元の人と交流できるのが楽しい」




 読まなくなった子供の本が中心の過去屋書店さん。未来屋書店に対抗したネーミングなのだそう。









 本の話はずむひと時。

 1回目と比べて、来場者数が少なく、いまひとつだった2回目の美郷古本市でした。

 告知に力を入れ、次回、リベンジを!





一坪書店に出店された10組の皆さん、ありがとうございました。


 ① 風道書林

   1回目に続いての参加です。
   時代小説を中心に並べて、
        1日楽しみたいと思っております。
   どうぞよろしくお願いします。

 ② 過去屋書店

   初めての参加です。よろしくお願いします。
       古い本しかないので、屋号は「過去屋書店」です。

 ③ 書肆さいとう

       岩波文庫(メリメなど)、近代文学の文庫版、
       平凡社ライブラリー文庫等々、文庫本がメインです。
   1~3コイン以内で買えるものを。
   また泉鏡花に関しては
   文庫のほかに雑誌・書籍も用意します。
   ほか、ライフスタイル雑誌。気軽にお立ち寄りください。

 ④ ドンベーブックス

   東京谷中の一箱古本市にこれまで7回参加し、
   広島、仙台、小布施、犬山と
   遠征出店の経験もあります。
   秋田の方と昨年6月の仙台の出店で隣同士となり、
   いつか秋田にも行きたく思っていました。
   ちょっと気になる本を
   お求めやすい値段で出しますので
   何とぞ覗いてやってください。

 ⑤ ゆきんこ書房

   前回に続いての出店です。
   シュタイナー教育関係の本や小説、
また、
   70年代末から80年代初の雑誌などを並べます。
   よろしくお願いします。

 ⑥ 河童庵

   初めて参加します。よろしくお願いいたします。
   並べる本に
あまり一貫性はないのですが、
   一日本屋さんを楽しみたいと思ってます。

 ⑦ ダンシャリブックス

   本の山をダンシャリすべく出店します。
   ふだんはドンベーブックスとして
   夫婦二人で出ているところ、
   はじめてバラバラに出店です。
   テーマは、エコ、女性、スピリチュアルなど。
   ご当地キティグッズも出します!

 ⑧ 富澤制作所

   秋田に惚れ込み、
   今年埼玉県より引っ越してまいりました。
   本業はデザイン業ですが
   色々やりたいので初参加させて下さい。
   商品のジャンルは特定してませんが、
   色々もって行きますので宜しくお願いします。

 ⑨ 古本松風

   昨年に続き2回目の出店になります。
   文庫、新書、雑誌、音楽CDなどを
   雑多に並べる予定です。
   本好きのみなさんと、
   古本市を楽しめたらいいなと思っています。

 ⑩ 閑堂 (かんかんどう)

   物置に長い間眠っていた雑多の本を
   格安でお出ししています。

イラストマップ(イラストレータ小西由紀子さん作/ページ下部よりダウンロードできます)

Ċ
map002.pdf
(5106k)
ブリコラボ有限責任事業組合美郷出版文化向上委員会,
2011/05/17 3:03