一坪書店の楽しみ方

「一坪書店」は「本のフリーマーケット」

本好きの人たちが、古本を中心に、自作の本や、好きなCD、雑貨などを持ち寄って販売します。
平成17年に、東京の谷中・根津・千駄木で始まった不忍ブックストリートの一箱古本市をお手本にしています。

とき、ところ、など

「一坪書店」は、午前10時から午後3時まで湧太郎軒下で行います。

昨年は、呉服屋さんの軒先をお借りしました。

出店の申込み


一坪書店【出店申込み】』フォームに必要事項を入力してお申込み下さい。

ネット使用環境にない方は、お電話(0187-84-4933)でお問い合わせ下さい。

出店料として500円を頂戴いたします。当日、お支払い下さい。

申込みの締切は、古本市当日の2日前(10月10日)です。

全10区画のスペースが埋まってしまった場合、そこで締切となります。

出店者の一覧は『第6回・平成25年10月12日』をご覧下さい。

店主の方へお知らせ


古本などの販売する品、お釣り、電卓、折りたたみ椅子などをご用意
下さい。

本を並べる座卓(長机)は、主催者側で用意します。 

出店者専用の駐車場を近くに用意しています。 

古本の他、自作本、CDなどの雑貨も販売できます。補充分もお持ち下さい。

危険物、ペット、食品、薬品などの販売は禁じます。

当日は、午前9時30分まで受付を済ませて下さい。

屋号を掲げ、個性的な本屋さんを演出して下さい。

販売する本には、値段が分かるようにスリップをお付け下さい。

売れたつど、冊数と金額をメモして下さい(スリップがあれば不要)。

終了は午後3時です。売り尽くした時など、早く閉店してもかまいません。

終了後、終わりの会を行ないます。ステキな本屋さんは表彰します。